2011年12月21日

2012年度第1回(通算第211回)未来工房(みらこぼ)月例会

2012年1月10日(火)に、2012年度第1回(通算第211回)未来工房(みらこぼ)月例会を開催致します!
お気軽にご参加頂けますようお願い申し上げます。

●テーマ 中国モノマネ経済の傾向と対策
●スピーカー 生島大嗣 (いくしま かずし)先生
         アイキットソリューションズ代表

中国という国は、不思議な国です。
高層ビルが立ち並ぶかと思えば、ビジネスに関してとんでもないことを平気でやらかします。
みんながみんなと言う訳ではないでしょうが、一部にモラルの低い者もいるようです。
特許や著作権を無視した商品の製造販売で日本が被害を被ったという話も数多く聞きます。
どうしてこういう状況が起こっているのか、今回、「中国モノマネ工場」を出版された生島先生に、そのあたりのことを詳しく話して頂きたいと思います。
日時:2012年1月10日(火)
  第一部 勉強会 18:30〜20:30
  第二部 交流会 20:45〜

会場:第一部 勉強会
   大阪市立総合生涯学習センター第4研修室
   大阪駅前第2ビル5階
   大阪市北区梅田1-2-2-500

   第二部 交流会
   ビヤ・レストランニュートーキョー第一生命ビル店

 *第一部だけのご参加、第二部からのご参加も大歓迎です!!

第一部 勉強会 18:30〜20:30

●テーマ 中国モノマネ経済の傾向と対策
●スピーカー 生島大嗣 (いくしま かずし)先生
          アイキットソリューションズ代表

●内 容
電子機器でも、コピー品が中国で出回っています。
なぜ中国ではこういう事態になっているのでしょうか。
中国の電子工業会の裏側の実態を生島が翻訳出版プロデュースし、監修・解説を担当した『中国モノマネ工場』を基にお話しします。
中国のモノマネ製品がどうやって生み出されているか、日本はこれに対してどのように対応するのがよいのかを考えていきます。
また今回、出版を経験しましたが、その出版までの経緯についてもお話したいと思います。

●スピーカープロフィール
神戸大学 大学院 修士課程修了。三洋電機に在籍し、工場の現場での技術部勤務から研究所での最先端の研究開発、本社と連携した企画業務まで幅広く経験。
2000年に「三洋電機は10年以内に大変なことになる」と予測して退職し独立。
経営・技術戦略に関するコンサルティングとともに、講演・セミナー等の講師としても活躍中。
MBA的な視点ではなく、工学出身の独自視点で分かりやすい言葉で気付きを促す指導を行っている。
なお、退職時の予測は、8年目に的中した。

みらこぼの勉強会は、前半&後半の2部構成です。
前半「スピーカーからのお話(話題提供&問題提起)」の後、前半の話題を基に参加者全員で簡単な 「ディスカッション」をします。
最後に参加者全員に「自己紹介&一人一言」をしていただきます。
講師のお話を聞くだけの勉強会ではないので、勉強会だけでも十分に参加者間での交流をお楽しみいただけます。

第二部 交流会 20:45〜

ビールやお食事を楽しみながら、
名刺交換や情報交換などを楽しみましょう!
人脈を深める意味でも出来るだけご参加下さいね。

参加費:第一部のみ 正会員、初参加の方ともに1000円。
    それ以外の方は2000円。
    第二部のみ 正会員、初参加の方ともに2500円。
    それ以外の方は3000円。
    第一部&第二部 正会員、初参加の方ともに3000円。
    それ以外の方は4000円。
    *年会費3000円で正会員として登録できます。
    (1年間有効:詳しくは事務局まで)
posted by みらこぼ at 11:30 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。